神奈川県立上鶴間高等学校 [ホーム] > [ 学校長あいさつ ] 

■学校長あいさつ

2017年 4月

●上鶴間高校のホームページを見てくださっている皆さんへ

学校長:塩浦 健吾

学校長:塩浦 健吾

 上鶴間高等学校のホームページ(HP)をご覧いただきありがとうございます。

 今年4月1日に本校副校長から校長となりました塩浦健吾(しおうら けんご)と申します。今後ともよろしくお願いいたします。本校HPは、皆さんにいち早く学校の様子をお伝えできるよう、日々更新を続けています。これからも引き続き本校HPを多くの方々にご覧いただきたいと願っています。

 さて、今年も第41期生として320名の新入生を迎えることができました。約1000名の全校生徒と共に「生徒・教員ともに、いつも明るく常に前向きで、やりがいを持って夢中になり、笑顔で活気あふれる上鶴間高校」を合言葉に、毎日の学校生活を活気のあるものにしていきたいと考えています。

 また、平成28年1月に発表された「県立高校改革実施計画Ⅰ期(平成28年度~平成31年度)」において、本校は『ICT利活用授業研究推進校』に指定されました。 これにより、授業の様々な場面でタブレット端末等のICT機器を利用し、従来型の授業スタイルにとらわれることなく、生徒たちが自ら考え学んでいく「主体的・対話的・深い学び」を推進していくことになります。

 学校教育目標である「21世紀を力強く生き抜いていくために必要な力、ICTを通した人材の育成」として、
 【Innovation】 新しい仕組み、考え方を提案し創出し続ける力
 【Challenge 】 課題解決のために、自ら考え挑戦し続ける力
 【Teamwork  】 他者と力を合わせ、目標を達成する力
を生徒だけでなく、我々教職員も身につけることにより、次の3つの姿を目指していきます。

 <めざす学校像>
  全ては生徒の成長のために教育活動を展開する学校。
 <めざす教師像>
  生徒の成長を自分の喜びとする教師。
 <めざす生徒像>
  自立し社会に貢献できる生徒。
  上級学校・社会に耐えうる基礎学力のある生徒。
  国際社会でたくましく生き抜く力のある生徒。

 上鶴間高等学校は、これからも保護者や地域の方々から信頼される学校づくりを推進してまいりますので、今後ともご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。



神奈川県立上鶴間高等学校 [ホーム]